オーガニックコットンを選んだ訳 3つ

オーガニックコットンを選んだ訳 3つ

 

sousakufukutomoでは、コットンの洋服があまり多くはありませんが

展示会場でお聞きするお客様のお悩みを聞いて、少しずつ変化がありました。

 

————————————————————————

1.素材アレルギー

2.入院着のご相談

    1)一番最初に考えましたのは、素材。

    2)次に考えましたのは、パジャマっぽくない何かが欲しいとのご要望について。

    3)最後、前が開けやすいパターンを考えました。

3.コットンを探していたら

————————————————————————

 

1.素材アレルギー

 

デザインを気に入ってくださったお客様。

色と素材がどうにかならないかしらと。

 

リネン、麻、ギャザードレープスカート

 

よくよくお聞きしますと、リネンのチクチクがダメなんですとのこと。

その日の体調にもよるとのことでしたが、ハーフリネンでも難しいかもとのお話しでした。

 

 

また、ナイロンやポリウレタンなどで、アレルギーが出て

痒みが出てくるというお客様もいらっしゃいました。

 

 

 

2.入院着のご相談

 

地元で展示会を初めて行った際、入院着のご相談がありました。

展示会場でお聞きした内容は

 

・秋に再入院すること

・パジャマっぽくない何かが欲しい

・前が開けやすいものがいい

・首から下げる袋の代わりとなるものがあったら嬉しい

 

創作服-朋- sousakufukutomo

 

パターンやデザインが、何か機能を持つもので且つ

誰かのお役に立てるものであればどんなにいいだろうと思っていましたので

まずはトライさせていただこう、とお受けしました。

 

 

▼詳しくはこちらご覧くださいませ。

▷入院中着られるパジャマ

 

 

 

1)一番最初に考えましたのは、素材。

 

パジャマっぽくないとは言え

パジャマの機能が第一に必要で

パジャマのオーダーであるということ。

 

 

1.肌さわりの良さ

2.吸水性

3.洗いやすさ

 

 

この条件を満たすものを考え、コットン系で探しました。

久しぶりのコットンを手にして感じたことは、身体が楽だということ。

 

裁断して、縫製しているだけですが、指から感じる天然素材のぬくもりでしょうか。

 

天然繊維、化学繊維それぞれの良さがありどの素材も各々の特徴があって好きなのですが

久しぶりのコットンはまたいいなと感じる瞬間でもありました。

 

 

 

2)次に考えましたのは、パジャマっぽくない何かが欲しいとのご要望について。

 

1.外でも着られる

2.身体にはりつかない

3.パジャマにもなる

 

 

上記を満たすもの。

という観点で 「コットンダブルガーゼのデニムプリント」 を選びました。

 

素材本来のままで、プリントがされている素材です。

肌さわりが良く、外にも着ていける雰囲気を醸し出せている素材です。

 

 

 

3)最後、前が開けやすいパターンを考えました。

 

1.マジックテープの前開き

2.前見ごろが身体に張り付かないデザイン

3.外にも着ていける

 

 

パターンやデザインが、何か機能を持つものであったら、という考えが形になった一点。

 

入院着,コットン,ダブルガーゼ,デニム

 

この情報がどなたかのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

3.コットンを探していたら

 

sousakufukutomo で使用しているコットンは

日本メーカーの肌さわりのよいシャツ地です。

 

白いブラウス,オンライン会議

 

夏場に着ますと、吸汗性・通気性のよさに身体がホッとします。

 

涼しくなって、重ね着もステキです。

白いブラウス,コットン100%,オンライン会議

 

 

 

そんな中、もう少し違った表情のコットンを探していました。

素材の質感を一番に見ていくのですが、惹かれた素材はオーガニックコットンでした。

 

製作が、誰かのお役に立てるものであればという思いが繋がるかもしれない。

質感は何より、その素材の背景にも惹かれました。

 

創作服-朋-,sousakufukutomo,オーガニックコットン

 

つづく

 

 

 

 

 

 

環境・人権・健康に貢献するタイガーボトル。未来のためにマイボトル生活を始めませんか?【タイガーボトルサイト】